4.レーザー脱毛と永久脱毛はどう違うのか

レーザー脱毛はその名の通り、レーザーの仕組みを利用して毛根に働きかけてむだ毛の処理をする方法です。もともとレーザーは皮膚科用の医療機器として開発された設備です。そのため、医療機関で使用できるレーザー脱毛器とエステや家庭用として利用されているレーザー機器には効力に大きな差があります。また、医療用レーザーには複数の種類があり、それぞれの特性を生かした脱毛方法を行なっています。たとえば、フラッシュ脱毛もレーザー脱毛の種類のひとつと考えられているのです。

レーザーを利用した脱毛方法で永久脱毛ができると宣伝しているサロンがありますが、厳密には永久脱毛はできないと考えてよいでしょう。毛周期に合わせて複数回の脱毛処理を行うことにより、毛根が徐々に弱まってむだ毛を細くもろくすることはできます。永久脱毛をすることはできませんが、痛みも少なく、安価な費用で利用できるため、むだ毛処理の方法として、効果的に利用するとよいでしょう。

永久脱毛法はニードル脱毛法とよばれ、毛穴の1つ1つに特殊な針を刺して毛根を破壊してむだ毛処理を行う方法です。この方法では永久脱毛をすることが可能ですが、非常に痛みを伴うのが特徴です。そのため、施術の途中で断念する人もいると言われています。また、衛生的にもリスクが高いため、設備の整った医療機関でのみ施術可能です。このように、レーザー脱毛と永久脱毛は似ているように感じても内容は異なっています。それぞれの特徴をよく理解して利用することが大切です。