レーザー脱毛の後遺症

これから夏に向け、肌の露出が増えるに従い増えてくるであろう美容外科、皮膚科による脱毛、つまりレーザー脱毛の需要。当然、リスクは気になるし、気にしなければならない。実は今まで隠していたのですが、レーザー脱毛には多大なリスクがあるんです・・・ということだったら、家で自分でガムテープを用意するまでだ。
脱毛に使用するレーザーの特性として、黒い色に反応するというものがある。これを利用して、毛と毛穴に照射し、毛は黒いですから、その毛に反応してもらうというものだ。だが逆に、黒ければなんでも反応してしまうのである。肌で黒いものといえば、日焼けとほくろだ。この二つはどちらもメラニンにより肌の一部分を黒くするものであり、当然、脱毛に使用するレーザーも例外ではないのである。
当てるとどうなるかというと、ヤケドになってしまうのである。レーザーの光エネルギーを必要以上に肌が吸収してしまうため、熱がこもってしまい、肌が耐えきれなくなり、ヤケドの症状が出るのである。
日焼けやほくろなどの特殊な事情のない肌への通常のレーザー脱毛でさえ、加療後にはクールダウンが必須であるのだから、レーザーのエネルギーを侮ってはいけない。レーザー脱毛は夏前に済ませておこう。