レーザー脱毛に向かない人

レーザー脱毛に向かない人というものがいる。レーザー脱毛は、要はムダ毛の毛穴にレーザーを浴びせるワケなのだが、毛穴というからには肌である。もちろん肌に問題がある場合は受けることが出来ない。受けることが出来ても、おすすめは出来ない。これは来院時のチェック、具体的にはカウンセリングやパッチテストで判明することである。まずは皮膚科や美容外科に行くことだ。
利用できない部位というものもある。脱毛に用いられるレーザーの特性として、黒いものに反応するというものがある。通常、それを利用して毛に反応してもらうのだが、そこを逆手に取られるケースがあるのだ。それは、日焼けやほくろである。メラニンにより日焼けは起こるので、やはり反応してしまう。ほくろも同じことだ。なので、コンプレックスになりがちなほくろ毛を処理することは残念ながら出来ない。
また、黒い色には反応するが、白い色には反応しない。なので、ムダ毛が白髪の場合は通用しないのである。なので、レーザー脱毛を受けるならお年を召される前に受けたいものである。
最後に、妊婦さんもよしておいた方が良い種類の人だ。妊婦さんはホルモンバランスが崩れているため、肌への刺激にたいして敏感だからだ。
以上である。これ以外の人たちはおそらく大丈夫なので、気軽に出向いてみてほしい。